La Campanella - フジ子・へミング

La Campanella

フジ子・へミング

  • カテゴリー: クラシック
  • 発売日: 2006-07-12
  • 説明: notExplicit
  • 発売国: JPN
  • Track Count: 10

  • ℗ Victor Entertainment, Inc.

トラック

タイトル アーティスト 時間
1
ため息 (3つの演奏会用 フジ子・へミング 5:31 JPY 250
2
ラ・カンパネラ (パガ フジ子・へミング 5:37 JPY 250
3
小鳥に説教するアッシ フジ子・へミング 9:10 JPY 250
4
愛の夢 第3番 変イ長調 フジ子・へミング 4:37 JPY 250
5
泉のほとりで (巡礼の フジ子・へミング 4:33 JPY 250
6
ます(シューベルト歌 フジ子・へミング 5:04 JPY 250
7
ハンガリー狂詩曲 第2 フジ子・へミング 9:23 JPY 250
8
ノクターン 第2番 変ホ フジ子・へミング 4:13 JPY 250
9
エチュード 第1番 変イ フジ子・へミング 2:45 JPY 250
10
エチュード 第7番 嬰ハ フジ子・へミング 6:16 JPY 250

レビュー

  • 同じ時代に存在する神

    5
    By ふんた
    もはやピアノを弾いてるんじゃない。ピアノに歌わせれば敵うものは居ない。唯一無二の存在。
  • これぞ、フジ子・ヘミングさん

    5
    By しろくまうめ
    とにかく聴いてみてください。 その後は、フジ子さんが演奏するラ・カンパネルラでなければ、物足りなくなります。
  • エチュード1番変イ長調 エオリアンハープ 25-1

    5
    By sirotyan
    自然に涙が出てきたのはひさしぶりです。 心に響く演奏。 とにかく聞いて下さい。
  • 一線を画した演奏。

    5
    By マサポン
    「ラ・カンパネラ」といえば、曲調的にトレモロ奏法や音飛びの激しい、 またそれらの技法を効果的に聞かせる為か、インテンポ(あまりテンポは変わらない」の演奏が いままで聞いて来た中で多かったように思います。大好きな曲なので色んな方の演奏を聞きましたが、 フジ子・ヘンミングさんの演奏はいままでに無い、情緒豊かかで感情に溢れた、まったく違う 「ラ・カンパネラ」でした。感動モノでした。この曲がこんな情緒豊かな曲だと改めて 認識させられました。 また、「ハンガリー狂詩曲第2番」は他の演奏者と一線を画した演奏が聞けます。 これは必聴です!
  • 唯一無二。

    5
    By rum9656
    クラッシックは「眠くなるもの」というイメージがあったのですが、一蹴されたようなアルバムです。一つ一つの音が、流れるようなメロディが、心に響く感覚。同じ曲を他の方も演奏されているアルバムはありますが、フジコ・ヘミングでないと落ち着かなくなってしまいましたw この感覚は、聴けばわかると思います。アルバムでの購入を是非お勧めします。買いです。
  • 奇跡。

    5
    By lalabe
    この人が、同じ時間を生きているなんて 本当に「奇跡」です。   音への情熱は 音だけで表現出来る。 それが、音楽だと思わせてくれる彼女は すばらしい!聞いてください!
  • 奇跡の妙技!!!!

    5
    By ボブボーイ2
    このラ・カンパネラ!リストがうみだしたしたこのゴッドミュージック!弾こうとしても挫折する人があとをたたないといわれるこの曲!弾ける人も!弾けない人も!ゴッドミュージックダウンロードだ!!!!!!!

この曲についてコメントをしてください

こちらのサイトでは邦楽を中心に音楽情報を発信しております。無料視聴はiTunesデータベースより可能となっております。